プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

70年安保と大阪万博、WAKAMONOアマチュア無線とWAKAZOプロジェクトのゆくえについて

 

JARLさまが、

22歳未満の方を対象とした「WAKAMONOアマチュア無線イベント」を、今年も東京・秋葉原で開催します!!・・・JARL

てっきり東京ハムフェアだけのスローガンだと思っていた、「声のSNS」というの、JARL会長さんによると、「アマチュア無線自体が=声のSNS」なんださうです。

で、そのころ時を同じうして、今はすっかり東京の手先の新聞になつてしまつた産経しんぶん大阪に、

 

げんなりするのが載ってまして、「ワカゾウよ、万博を創れ。そして世界を席巻せよ。」ってこれ、70年アンポのときも,

「れ!」とか「せよ!」なーんていう強要的な強意命令形の言葉、各所で叫ばれてたよなあ、と古老になつた気分で居ります、

、つっても自分は当時、よい子のようちえんじさんだったので、新幹線の遅さとか太陽の塔の中身の展示が幼稚園児並みだとか、月の石に7時間も並ぶとかバカなんじゃないの? などの、いかにもよい子らしい、本当のことしか思いませんでしたが。

で、このWAKAZOプロジェクト、メンツを見ると案の定、阪大や京大医学部の連中が音頭取ってて思わず笑ってしまいました。すいません。

かれらは60年、70年安保世代の孫に当たるがゆえに、今の大学生さんは無闇とアンポ言葉を使いたがるのでした。産学協同路線とか総括とかですね。 ちなみにうちの父親は佐世保のエンプラ祭りをわざわざ見に行った、ホンモノのバカです。

 

・・・2025年大阪万博は、東京が関西に対する位打ち(冠位だけ与えて実質を潰すこと)とも言われています。

アマチュア無線のWAKAMONOイベントはライン外れてる程度で思想的にはさほど問題なさそうですが、WAKAZOについては、SDG(朝日新聞が音頭取ってるやつ)やSDSなど、いろんな余計なのがひっついており、松井君の大阪が万博で目指す、カジノとセットにした、大阪湾をクリーンに浄化っていうのは中々むつかしそうです。

とりあえず尾張一宮より西には行かないようにしよう。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

QCXに50ワットリニアアンプが出ましたよ!!

最初出たときに大反響を呼び、いまではJAでも多数のファンが居られるQRP-LabsのQRPトランシーバキット・QCXであ…

水晶谷でハムフェストがやってるよ!!

個人的にはデイトン行くより、こっちのほうがアメリカンで楽しいきがしますが。 QuartzFest 2020, ce…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/22

50WPM 138Q/30min. = 276Q/h Total QSO = 56,4…

IBP Beacon 2020/01/21

SFI=71 SSN=0 Kp=2 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

ITUが、非常通信におけるアマチュア無線の役割をハイライトしました

ハイライトつっても100ページのうちのわずか1ページです。 ITU highlights role of amat…

ARRLの暫定CEOにN1VXYが

けっこう大ニュースだと思いますが、 Barry Shelley, N1VXY, to Become ARRL In…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/21

50WPM 140Q/30min. = 280Q/h Total QSO = 56,3…

IBP Beacon 2020/01/20

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=280km/s Spotless Days Cu…

春のコンディションを占う ~ CQ World Wide 160-Meter Contestの賞状を拾いに行ってきました

大寒を過ぎると北半球では春のCondxになります。 その占いとしてWW160mがあるんですけど…

WRTC2022年のドネーションが開始されましたよ!!

now we have a pleasure to announce our new Donor Certificate…

ページ上部へ戻る