プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

第1回 FT8 Roundup 2018 ~ その参加結果と講評

 

「講評」なんていうエラソなことを言える立場でも無いですが、歴史的な第1回に立ち会えたことを光栄としまして以下講評です。

まず初手から、

(1)ルールがなんかヘン。

ルール

FT8 Roundup Rules

 

3.1. Single Operator Unlimited:
The use of spotting assistance or automated, multi-channel decoders is permitted

とあるにもかかわらず、

7. Miscellaneous:~ Utilizing QSO/macro automations is not permitted.

とある、相反するこれらふたつのの「オートマ」とは何を意味するのか?

 

(2)同時送信の記述がおかしい。

3.1.2. における、

Transmission on multiple frequencies within one audio pass band is allowed

とは、あるひとつのアマチュアバンドのオーディオパスバンドで複数の信号を同時に出して効率化を高める事だと思われますが、3.1.1.の、

(SO2R is allowed but you cannot transmit on both radios during the same cycle.)

禁止されてる同時サイクル複数送信と矛盾するのではないか? また、せっかくミリ秒で合致している送受シーケンスなのに同時送信でのSO2RができないのはFT8の持つ特性を殺してしまうのではないだろうか?

 

、、、等々といったよなことがありましたが、このことは主催者が悪いのではなく、いまだにFT8が未成熟で、旧来のコンテストの概念を抜け殻のように引きずっていることをよく示すものでせう。

 

で、こちらの準備としては、N1MMは捨ててLogger32の半自動オペで対抗、 仕事があるので合間合間に覗くだけとなりました。

せっせとやっている図。

 

 

(3)参加してみた感想

Condxの悪化によりデジタルコンテストが行き詰まりの代替として、旧来のRTTY45よりも30dB近くもSNRの良いFT8をコンテストに使おう、ということで発足したわけですが、たしかに実質10dBほど上がった気がします。

ただしアンテナは良いものをつかわないといけない、というのは依然として変わりません。 14メガと7メガ、ながら運転であっちこっちにぶつかりながら(相手も)、トータル50QSOで終えました。 一瞬だけCQ+S&Pのスリリングな体験ができたことがハイライトでした。

WSJT-Xも最終コーナーのrc-5となり、コンテストにおける不便やバグ、というのはだいぶん減ったように感じました(ただしQSO B4が判別できないなどでまだ揉めてる)。  でもWSJTやJTDXを引きずってるのもイイカゲン今年で終わりにして欲しい。 やりづらくてかなわん。

 

(4)今後のFT8の展望について

アメリカ方面では、直前の土壇場になつて「FT8はRTTYなりや?」などとまたしても揉めていましたが、確かにひとつの時代を変えてしまったモードであります。 そしていま流行のSDRときわめて親和性が高い。

ハードウェアとしては、ほんとうの意味でのFT8トランシーバの出現=もはや「オーディオ」なんていう厄介なブツは扱わない、FPGAに直接FT8を書き込み直にデジタルキーイングで返すというふうになるでしょうが。

ソフトウェア方面では、今回のFT8 RUでは、ロボット性を排除するため、 Unattended operation is not permitted. だったり Multioperator stations are limited to 6 band changes (maximum) in any clock hour. だったり、旧来のコンテストスタイルを踏襲していますが、もはやAI人工知能ロボット化は避けられないと見る。

むしろ新生的ロボコンとしてソフトウェア技術を競う方向に早いとこ振ったほうが良いだろう、という結論です。 たとえば6バンドを同時に聞いて、どれかふたつのバンドで同時送信するのを高速でスイッチするとかですね。

ログ提出後、W6の夜明け、現地のWebSDRで7メガ見たら、普段見られない量のデコードまくって満杯、もはや3kHzでは足らない、帯域については最低でも同時10kHzは見たい。

そうすれば、いま手持ちのRedPitayaトランシーバ(2 IN+2 OUT、マルチバンド広帯域受信)も生きてくるだろう、と、未来に期待の持てるFT8 RoundUpでした。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

WSJT-Xがバージョン2.1.0の正式版リリースに係るソサエティ5.0とWSJT-X 3.0への展望について

アポロ11号月面着陸50周年記念日までに間に合わせようと関係各位がご尽力なされたおかげで、難産だったWSJT-X 2.1…

2mバンド剥奪問題に対して、今度はポルトガルのクラブが団結

収拾がつかなくなってまいりましたEU内輪もめ、今度は、 26 Portuguese amateur radio c…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/18

48WPM 137QSO/30min.=274Q/h Total = 1,007QSO Wk…

IBP Beacon 2019/07/17

SFI=67 SSN=0 A=7 K=1 SolarWind=~370km/s Spotless Days Cu…

うんこミュージアムが東京お台場に出現と短波帯電波による地震予知の可能性について

午後7時のNHKニュースで首都直下地震に警鐘を鳴らす話題が流れたり(東京ローカルの話題を全国放送使ってこっちまで流すなち…

デイトンハムベンション、ゼニア開催での入場者が過去最高に

当局は、 Hamvention officials suggested that a small factor b…

Morse Runner ARRL DX Contest 15mb 2019/07/17

48WPM 133QSO/30min.=266Q/h Total = 893QSO Wkd …

IBP Beacon 2019/07/16

SFI=67 SSN=0 A=7 K=1 SolarWind=~370km/s Spotless Days Cu…

RSPduoで簡単お手軽ノイズキャンセリング ~ SDR時代の本格的な到来とSociety 5.0について

年初には3レシーバ体勢を提案してきたSDRPlay社ですが、 https://koitoyak…

CB フリラ用に最適 ~ R3KRの水冷2.5キロワットリニアアンプのススメ

ちかごろフリラ関係の街の声を伺いますと、違法運用を摘発友の会とかなんとか、くだらねえよなやりとりをやっておられるかたがた…

ページ上部へ戻る