プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

そして時代は“3BSIQ”へ・・・CW WW DX CWコンテスト2018 スキマ解析結果とSkimmer事業について

 

「SOAB-HP部門でワールドレコード(N5TJが2000年に@EA8BHで打ち立てたやつ)を、サイクルボトムな現在、2BSIQ手法で破れるか?」 の挑戦が注目されていた今回のWWCWでありますが、D4Cという世界最強のステーションを得たCT1BOHが、

 

おー、生スコアながら破った模様です。

そんな朗報でしたが、みなが不眠不休でがんばっていたころ、わたくしは、いっときだけ、よい子のスキマになつてアシスト係していました。

捕捉解析結果(SH5 コンテストアナライザに拠る)

http://59925.org/sh5/jf2iwl/2018/2018_cq_worldwide_dx_contest_cw_jf2iwl_s/index.htm

昨年は中華よい子のS9-C SDRが3時間ほど気絶していましたが、今回、注意深くお世話していたものの、日曜朝のいちばん良い22Zにオーバーフロー喰らってまたしても気絶していました。残念。

ハイバンドCondxの悪化にともない捕捉数が年々減るのは仕方ないのですけれど、

バンド内訳

 

 

ローバンドが少なすぎ。

いちおうトライバンダに3.5メガと7メガのダイポールをコンバインしたのですが、いまいち捕捉できませんでした。

で、世界トップ勢は、レートもさることながらマルチゲットが課題となって、RUN用の2Radioから、マルチ探し用を足した3Radioへと進化しているようです。

 

・・・他方、今回つくづく感じたには、年々のCondxの低下により、伝搬地域差が年々ひどくなり、自分のスキマだけは取っているのに、他のスキマとcfmできず、RBNには上がらないという、死に捕捉が多く見られました。

(スキマアルゴリズムでは世界の複数スキマが同時に正しく捕捉した時のみRBNに上がります、つまりスキマも互いにアシストしあっているのです)

なので海外では、K3LRなどのコンテストステーション、あるいは地域クラブなどで、自分のローカルを見ながらRBNにシェアしあっていますがJAではそういう文化は無いね。 秘密主義の内輪クラスタは多いのだろうけど。

このことはとくに、今やスキマが無いとやってられない国内ロカコンで不便が顕著になってきますから、個人負担でやっておられるスキマ局におんぶにだっこではなく、

JARL地方支部なり地方本部なりの有意義な事業として全国各地でSkimServをおやりになって、スキマの地域ギャップを埋めるとJARL会員のみなさんのためになると思います。(むかしと違い、今は8バンド同時スキマ用SDRは、わずか3万円ほどです)。

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る