プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

大阪万博とルーフィングフィルタと不破の関と・・・QRP SDR機で参戦する( WW DX CWコンテスト 2018 )

 

関西方面では、

<大阪万博>訪日外国人増加に期待 巨額公費投入に危惧も・・・まいにちしんぶん

弁慶の勧進帳が回覧されて悲鳴が上がり、とくにパナソニックでは社内がお通夜になってるそうですな。

それはともあれ理解するのにひと月ちかくほども、えれえ苦労したRed Pitaya SDRがようやく組み上がりまして、 できあがり図。

 

 

ガラクタ。

スロベニアから届いてハコから出してラックにナナメに放りっぱなしの姿勢でずーっとやってました。 ラストの作業はCWのキーイングでした(Winkeyからの出力をアイソレートせずに突っ込んでるんで心配ですがまあいいや)。

ちょうどWWCWだったので7メガを聴いてみました。

 

 

聞こえかたとしてはものすごい静か。 過去に聴いた乏しい経験で例えるなら名機SW40+くらいもの静かさであり、音が籠もったりノイジーな感じがまったくしない。

スイープすると、弱い信号がそれぞれ独立してポツンポツンと遠くから静かに浮き、SW40+と同じで、スキップしているJA局が暗闇の底から聞こえます。 ビバレージで聴いてるみたいなかんじ。おそらくK2より静かではないかしら。

コンベンショナル機に比べ、SDR(というかPCサウンドカード)独特の臭みはあるものの、プロセスは少なければ少ないほど良いというのがここでも証明されました。

うちから3.5メガで6Yが聞こえるとは思わんかった。いままで何をやってたのかと。 こんなチンケなボードでも書きようであるなあ。

そしてフィルタを400Hzにしていてその中に2局RUNしてた場合、どちらの符号も別々に聞き取れます。複数局に呼ばれてても混ざりません。3.5メガでは強力JA局から1kHzも離れれば無問題です。

FPGAお絵描き職人、ベルギーはルーヴァン・カソリック大学の数物、Pavel Deminの手腕です。

ただし、近傍のIC-7200でS9+40dBの信号を注入してやったらさすがに破綻してしまいプラマイ10kHzは使えないのが若干問題。

 

・・・このことはRedPitayaトランシーバのフロントエンドがスッポンポンのハダカということに原因を求めることができるでせう。

2025年の大阪万博において、われわれ東海民は西からあふれた難民たちを侵入直前の不破の関で帯域をギチギチに絞り、カネ持ってる良質なガイジン観光客だけにフィルタせねばならないと同様、ハイクオリティなルーフィングフィルタ(可変水晶のやつ)をフロントに置きたいところです。 これは入出力が別々なRedPitayaではごく簡単なこと。

参考図面: アメリカ・メキシコ国境、ティファナの町で鉄の壁を乗り越えようとする難民キャラバンと、阻止すべく催涙弾を打ち込むアメリカ当局

 

 

なほ、パワーについては公称10ワット機となっていますが、なんか危なそうなんで全バンドを5ワットのQRPに調整しました。

たまたま聞こえたN6WM局を呼んでみたら一発で取ってくれたので7メガQRP部門を1QSOで終了です。

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る