プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

行く末の案じられるJIDXコンテストと将来のM&Aを見据えて

 

先々週か、昼休みにイタリーのおともらちからのチャットが立ち上がりまして、「何やってるの?」、と。 何かと思ったらJIDXのフォーンまっさいちゅうでした。 ぜんぜん知らなかった。

かれはたいへん日本びいきであり、コンテストでのJAとの交信を楽しみにしているのですが肝心のJAのアクティビティが無いぞと。 それに対してわたくしは、もう高齢化だし、WAEのRTTYのほうが盛んだしねえ、と返答したらガッカリしてました。

ひさびさにJIDXのページに行きましたら、PDF賞状ができあがっていたので、唯一楯をもらった2007年のフォーン、80mbのJAで1位のを記念にダウンロードしました。 もう11年も前か。

で、今回のJIDX、みなさまのお話を伺いますと、フォーンのこともあっていよいよ寂れてきたらしい。 WAE RTTYはますます活発化してるのに。

JIDXコンテストの歴史を記述してあるページが見当たらないのであやふやですが、スポンサーの月刊59と共に、対JAのコンテストを始めよう、というのが1986年か1988年か、 とにかくバブルまっただ中で、北米の優勝者はゴージャスにもJAにご招待というので、最初の受賞はN6AAだったと記憶します(これも定かでない)。

 

・・・あれから30年の月日が流れ全員が30歳としを取り、後継者不足な今の日本の課題は中小企業のM&Aです。うちにも代書屋からのダイレクトメールがうっさい。

59誌も後継者無く廃刊となり、皆が歳を取って後継者も居ない、としたら、わたくしが前前から提唱していた、CWにおいては途中からまぜこぜになるGC・ガガーリンカップにM&A合併買収してもらい、新生「JIDXGC」というコンテストで再出発、イキの良いロシヤの若い連中にやらせて、日露友好をますます深めるのもひとつの手だと思います。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

さあ!世界を広げよう ~ DXエンジニアリングが太っ腹な秋冬バージョンカタログを無料配布してますよ!!

IC-7300であっという間に市場破壊されてしまい皆が困っている現状、我等がK3LR率いるDXエンジニアリングからのお知…

HamSphereのオータムンニューズレターが出ましたよ!!

なぜか自動契約更新になっていて先月30ユーロが自動的に引き落とされていましたがお知らせです。 HamSphere …

Morse Runner Twin Run 2019/11/20

Left=30mb 97QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/19

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=330km/s Spotless Day…

冬将軍とトロイカ体制とオールUA0チャンピオンシップと ~ 母なる大地のスラブアワードが三枚同時に届きました ~冬のダンシャリ祭り第1弾

やってまいりました冬将軍! わたしんちはすでにタイヤも換えて万全の…

世界に躍進する5MHzバンド

日本ではJARL内紛騒動ばかり繰り返し、すでに誰からも見放されたこのごろ、 Access to 60 Meters…

Morse Runner Twin Run 2019/11/19

Left=30mb 95QSO/30min. Right=15mb …

IBP Beacon 2019/11/18

SFI=70 SSN=0 Ap=8 Kp=1 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

Ham Radio DeluxeでIC-7610のパナダプタが実装!! ~ いよいよ間近に迫りつつある、IC-7610における、ほんとうのダイバーシティ受信への道のり

先にK0PIRに、 https://koitoyaki.com/jf2iwl/bf-2019-…

YOTAの師走月間が始まるよ!!

なんというか、日本だと、わかものたちが正月早々、フンドシ姿で川に入ってミソギ、みたいな、毎年恒例、YOTAの12月スペシ…

ページ上部へ戻る