プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

やってみなはれ!!(Well , get to it then)の精神で、ものすごい苦労をして、たったの20万円で組み立てる、IC-7610コンパチSDRの自作方法

 

われらの安倍くんが、大阪万博のプレゼンで、

 

 

イキナリおおむかしの神鋼時代の話を持ちだし、「わたしたちはみな大阪人になって」等の意味不明の言葉を連発、

あたかも自分も関西人であるがごとく振る舞って自分の選挙演説だけをしていたころ(神戸製鋼のデータ改竄不正はどうなったんだ?こら)、

わたくしはやっとでRedPitaya SDRトランシーバの作成も一段落したので、さらに今後の目標とする、アイコムさまの最新鋭機、IC-7610を自作する方法を考えてみました。カミクラツクリっていうくらいですから。

要件はIC-7610と同等品、160mb~6mbの、バンドスコープ付き、100ワットのDualワッチ機です。

 

材料

(1)マイコン信号発生測定ボード

 

 

わたくしはRedPitayaボード(略称:RP)を用いましたが、頭脳と入出力となる、この手のマイコンボード。 世界には各種ございますのでお好みに応じて。 価格=RPボードの場合4万円

 

(2)ゲタ

自分はイージーに10ワットの専用リニアアンプ付きのRedPitayaトランシーバを買いましたが、ボードからの10ミリワットレベルの出力を100ワットに1万倍増幅するブツ。

今は安価な海外キットあるでしょうし自作でも良いし、古いリグのアンプ部分だけを使っているかたもおられます。 リレーやフィルタ、コントロールなど含めて、安く上げれば=3万円程度でしょうか。

 

(3)オートアンテナチューナ

とくにソリッドステートモノにはどうしてもアンテナ整合器が必要になつてきます。手動でも良いんですけど、IC-7610にはATUが付いているので同じくオートマで行きたいところ。格安なのはLDGのでしょう。=送料込み2万円くらい。

 

(4)コントロール用コンピュータ

IC-7610にはすでにマイコンが内蔵されているというのに、こっちはわざわざ別途、外付けコンピュータなのが涙を誘います。

Windowsで使うのは野暮なのでLinuxで。Linuxならスペック低くて良いので中古のノートPC=2万円

 

(5)コンパネ

OpenHPSDR

 

オープンなので無料です。これでデュアルワッチ、ダイバシティ受信などができます。

 

(6)受信BPF

SDR用受信BPFはピンキリですが、IC-7610に匹敵するには

 

このくらいは欲しいところ=3万円

 

(7)プリセレクタ・プリアンプ

IC-7610には近接信号除去・受信性能向上、およびオーバーフロー防止のために最新式自動追尾プリセレクタ=DIGI-SELが内蔵されておりますが、こっちは情けない4分割手動で、微弱なDX信号を浮かび上がらせる、MFJのナイス受信プリセレクター・プリアンプ、

 

MFJ-1040C=2万円

 

(8)TCXO

RedPitayaは温度変化に対しての周波数ズレがひどい。IC-7610ではピュアリティの高いカスタムVCXOということらしいのですけど、こっちはノーマルなTCXOチップをひっつけてやって、これが2000円ほどなんださうです。

 

(9)VFOダイヤル、各種ツマミ・スイッチ類

IC-7610では快適な運用をアシストするリモートエンコーダー・RC-28が用意されています。だが、こっちはさらに上を行くツインダイヤル、かつ各種ツマミやボタンが手元で扱えるコントローラを使います。こんなよなの↓

 

 

 

キンキラのIC-7610に負けないように、ネオン色の七色に眩しく輝くビカビカのDJコントローラ。これもいろいろですが、3万円ほど。

 

(10)シャシ

以上のブツを入れ込むアルミケースが必要になります。 タカチで探すと、IC-7610同等の大きさだと安っすいので12,000円くらいのようです。

 

(11)そのほか、クーリングファン、スイッチ、コネクタやジャック類などの小物、配線、はんだなど=2万円くらい?

 

・・・以上、材料は合計、ざっと20万円ほどでできますが、ドリルで穴あけから配線から、ソフトウェア設定から、手間を考えたら人生やってられない、、、正常な神経のまともな社会人のヒトは素直にIC-7610を買うが良いでしょうな。

こうやって考えるとIC-7610ってよくもこれだけの機能をギッシリ詰め込んだこと、性能考えると超檄安価格であること、感嘆よりほかない、

 

さすが大阪モノヅクリのワザが抜群に切れる! Well , get to it then!! (って何?)

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

キュレーターとしてのキュレーションメディア

ハムライフさまが、 <総務省の最新データベース>無線局等情報検索(8月10日時点)、アマチュア局は1週間で383局…

オーストラリアでコールサインがチェンジ

リンク先を読んでも意味がいまいちわからないのですが、 Call sign changes in…

CB33M – 33 Miners Commemoration, Chile

CB33M – 33 Miners Commemoration, Chile・・・DXワールド そうですか、あれか…

いよいよ出るのか? IC-705のアンテナチューナー&エレクラフトK4

アイコムさまがプラチナスポンサーであるところのヴァーチャルハムエキスポ、 QSO Today Virtual Ha…

インドネシア独立75周年アワードが始まります!!

インドネシア連盟・ORARIからのお知らせです。 The Diamond 75 Years Republic In…

は?は??! NHKがチャンネルを削減~AMラジオを一元化???

は??? NHK、BSチャンネル削減発表 AMラジオも、次期計画案を承認・・・共同通信 ラジオはAMとFM…

TISZA CUP international HF competitionが開催されます

Hungarian Radio Amateur Societyからのお知らせです。 TISZA CUP inter…

対日戦勝記念局・GB75PEACEが出ています

イギリスだって極悪非道なことをしておいてどうかと思いますが、5月のVEデイ記念にひきつづいて、同じコールでVJデイの記念…

BATAVIA FT8 CONTESTに出ました

状況がシャレになってない中でのフィールドデーコンテストが開催されている中、表題のコンテストに出ました。 結果は14…

ハリケーン・イサイアスがフロリダを襲う

大西洋ではたいへんなことになっているようで(外電が入らないのでちっともわからん)、ARRLでも Hurricane…

ページ上部へ戻る