プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

Red PitayaでFT8トランシーバが届きました

 

妙に長いハコが。

中身については、PA3ANG局のサイトをごらんください。 筐体には72というシールが貼ってあったので第72番なのかもしれません。 間違い:QRPにおける72の挨拶かも

届いたのは1週間くらいも前なのですが、初期設定にどえらい苦労した。 もうダメかと思った。

ラスト、パワーユニットのリレーが動作しない理由も偶然にたまたまわかって、PowerSDRでピュアシグナルをONにしていたためでした。 受信からPTT送受切替まではどうにか解決です。

7メガのFT8で、べらぼうにデコードしている図。

 

耳で聞いた印象は、むかしに10ビット版を聞いた感想と同じ、ソリッドで非常に良い音です。 ヘタにSDR専用機買うより良いかもしれません。 PowerSDR(OpenHPSDR)にはRedPitaya専用のメニューやコンソールが与えられていて使いやすくなっていました。

これから変更届を出して(うまく行くかしら?)、来年初のARRLラウンドアップに向けて準備開始です。 FT8のれんしゅうもしなきゃあかんな。

 

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

3553kHz音楽放送がついに閉局と文化庁の欺瞞について

なんてこったい! <500ワットの設備を用い音楽放送をアマチュア無線で送信>北海道総合通信局、3.5MHz帯で目的…

キューバの竜巻でアマチュア無線が活躍

なんでもキューバでは大層な被害が出たそうで、 Radio amateurs play an important r…

Morse Runner ARRL DX Contest 2018/02/16

48WPM 88QSO/20min.=264Q/h Total=916QSO Wkd=48 States, Rem…

IBP Beacon 2019/02/15

SFI=71 SSN=0 A=4 K=0 SolarWind=~400km/s …

2019年 ARRL DX CWコンテスト参加結果(ただしシミュレーション)

ARRLからのアナウンスも出され、 February and March ARRL DX Contest Weekends L…

ロシア液冷リニアアンプ・BURST-2000Aの素晴らしさについて

液冷とか、なに言ってんですかねえ、と少しバカにしてたロシアBURST社の2キロワットLDMOSゲタの映像が届きましてビッ…

Morse Runner ARRL DX Contest 2018/02/15

50WPM 85QSO/20min.=255Q/h Total=836QSO Wkd=48 States, Rem…

ドラゴンズの根尾選手がバレンタインデーと 2019 CQ WPX RTTY Contest スキマ捕捉解析結果

シーズンを占う春期キャンプの端緒のコンテストです。 で? 根尾対藤原バレンタインデー夢対決を与田監督後押し・…

オランダのアマチュア無線連盟会員が0.8パーセントの減少

先進諸国に見られる、「増えてるのに減ってる」というのの典型例です。 VERON reports 2018 memb…

Morse Runner ARRL DX Contest 2018/02/14

48WPM 86QSO/20min.=258Q/h Total=753QSO Wkd=46 States, Rem…

ページ上部へ戻る