プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

フェルメール展を見て考えた・・・日本アマチュア無線連盟と日本ボーイスカウト連盟・YOTAとJOTAの将来について

 

インドネシアで、

Station JOTA YC8ZKI KWARCAB Kolaka Utara・・・ORARI

フィリピンで、

JOTA JOTI 2018 Photo Gallery・・・PARA

 

 

よい子のスカウトさんたちが世界各国でげんきにかつやくしていたころ、日本では、

フェルメール展で磨く 働く人のリベラルアーツ・・・フジテレビ

~こうして、1枚の絵に何が描かれているのかを考えることで、見る力、ひいては判断力も養われるという。また、絵画を自由に見て感じ、それを言葉にすることは、ステレオタイプな考え方から解放されるのには有効。

 

、、アタマ悪そう。 なんで感じたことをいちいち言葉にせにゃあかんのだよアホか。

むろん自分は暑苦しいよな人混みの中、わざわざオランダのエージェントにド高いよなカネ払ってオランダ人が描いた絵を見に行く趣味は無いですが、美そのものに惹かれるのではなく、役に立つとか教養になるとか、何か自分のトクになる目的で芸術に触れてはいけないよ。

上野に行くなら東京国立博物館の、誰もいない、静かな常設展に行くように。

 

・・・それはともあれ、新興国でますます発展するボーイスカウト活動の中で、われら日本のよい子たちのボーイスカウト連盟では

加盟員数減少の理由を知る・・・ボーイスカウト応援サイト

まるでどこかのJARLのような惨劇が繰り広げられていました。

 

同じような、見たことあるよなグラフですが、単純計算ではJARLと同じ、10年後の2029年には消滅するらしいです。

この場合、原因を単純に少子化や高齢化に求めるのは誤りなので、日本ではたとえば陸上競技なんていうのは増えてるらしい。確かにマラソンは老若男女問わない大ブームであり、うちの周りでも朝ランやヲーキングなんていうのは年代問わず激増しています。

ニュースに依れば、上野では、ほか、ムンクなんていうヘンタイモノが特筆されていましたが美術鑑賞なんていうのも若年層でもポピュラーになってます、とくにもっぱら個人的なサブカルみたいの。

あと、ヒトリカラオケとか独り呑み、ひとり焼き肉などのひとりもの。

 

 

焼肉は誰にも邪魔されず自分本位で好きなようにやりたいモノですな。

・・・これらのことは物事の本質に関わることで、アマチュア無線の衰退やJARL問題は、これまでさんざん言われてきた、少子化とか時代遅れとか、運営がまずいとか老害などではない、

個人化が進んだ現代の日本においては、そうカネも掛からず、人とも交わらず競争もせず、スコアや成績も気にせず、うっさいよな指導者と関わらなくてもよくて、静かに独りマイペースで楽しめる。 そんな風潮がおおぜいになっているのではないか?

近年、サッカーの若年人口が減少に転じたのも、むろん少子化に多く原因がありますが、11人もの集団で行うことが嫌われる原因になったのじゃないかしら?  アマチュア無線も誰か相手がないと成立しない、相手に合わせてしゃべるのが面倒な趣味ですし。

なのでアマチュア無線のみならず、日本なんとか連盟やなんとか協会などの団体から人はドンドコ離れるし、YOTAとかJOTAとかWAKAMONOなんとか、After50云々などの団体活動は、指導者や主宰者が楽しいだけの集合と簡単にバレて関心を引かないのでしょう。

今じゃ芸大や音大まで出て伝統工芸協会や日展、二期会などの会なんかに入らなくても、SNSなどで個人的に活躍できる時代に、上記に挙げた団体活動はいまとなっては主宰者側の自己満足や偉がりたいだけに過ぎず、新規参入者は得られません。

 

・・・なほ、いまがピークの美術や芸術についても、これだけ人数が集まってクダラナイ解説者だらけになったら先も長くは無いでしょう。 日本において、ついにサッカーが根付かなかったと同様、芸術も根付かなかった、

30年前といっしょ、タダのバブルの一過性のブームだ。

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る