プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

シェイクスピアのロミオとジュリエイトにおける、「キーイング」とは何か? についての考察

 

このところ急に8FSK(FT8)に凝っていて、また先週にはA1ストレートキーも開催されたこととて、「キーイングとは何だろう?」といふ疑問がもたげていました。

こういうのはオクスフォードオンライン辞書を見るのが良いので、だが、Keyのところを見ても、いはゆる無線通信的のキーイングな意味は無いようでした。音程のキーとかコンピュータのキーとかいうのはあるのだけれど。

かといって、Wikipediaやウキショナリをみても、いまいちおぼついていない感じ。 で、このことをたどっていくと、無線通信におけるキーイングとは、どうやら「変調」=modulationのことを指すらしい。

たとえばFSKなら周波数偏移変調、PSKなら位相偏移変調というように。

で、modulationを再度オクスフォードで参照してみますと、

https://en.oxforddictionaries.com/definition/modulation

2.3 The process of changing from one form or condition into another.

など、いかにもそれっぽいのが並んで出てきます。 じゃあmodulation(modulate)の語源は何だろう? と見ますと、

Origin
Mid 16th century (in the sense ‘intone a song’): from Latin modulat- ‘measured, made melody’, from the verb modulari, from modulus ‘measure’ (see modulus).

16世紀半ばの歌のなんとか?、作られた旋律??、 というところでわたくしはピコーン!とヒラメキましたですね。

もしかしてこの言葉を作った(採用した)のはシェイクスピアなのではないか? 現在の英語を作ったうちの最大の大人物のひとりはシェイクスピアと言われていますし、フォネティックコードのうち、RとJがロミオとジュリエットなのもそのせいだろう。

オクスフォード辞典とシェイクスピアは循環参照に過ぎないとも言えるし、シェイクスピアの戯曲は読んだこともないし観劇したことも無いんで知らんけれども、劇中に何かの形で出てくるのではないか?

・・・変調とは、単一の搬送波とか流れに対して調べの変化を与えてやって何かを伝達することです。

 

この図はπ/4 shift QPSKというのだけれども、値=登場人物は何人でも、位相=誰がどういう形や関係であっても良い。

そして変調とはキーイングなのですから、かつてはアナログ変調と言われていたSSBも、現在のリグでは数値演算型平衡変調、つまり0と1の高速キーイングに過ぎない。 広義には、コインの裏表でも良いし、ドットとダッシュでも良い。

このことはシェイクスピアを貫いているもっとも重要な主題、「人生は悲劇であり喜劇である」という2値キーイングと見事に符合します。 ・・・以上考察おしまい。

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

2020年・冬のHAMtte交信パーティーの参加結果と講評と今後の展望と希望について

参加結果といってもスキマでSWLです。 <20局交信で特製グッズ贈呈、メーカー各社のクラブ局も参加!! >JARD…

HSTの2020年大会はモンゴルで開催されるそうですよ!!

大相撲初場所もたけなわなころ、ついにHSTも東アジアに飛び出たようで、 17th IARU World High …

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/19

50WPM 143Q/30min. = 286Q/h Total QSO = 56,1…

IBP Beacon 2020/01/18

SFI=70 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=350km/s Spotless Days Cu…

2019年 CQ WW RTTY コンテスト&CQ WW WPX SSBコンテストの賞状とその講評

出たらしいというので遅まきながら取りに行ってきました。 WPXの結果は1QSO、1ポイントでS…

ARRLのビギナー向け新雑誌・On the Air を読んでみる

先ごろから少し話題になっていましたが、 New ham radio magazine 'On the Air'・・…

Morse Runner DXCC Challenge 17mb 2020/01/18

50WPM 139Q/30min. = 278Q/h Total QSO = 56,0…

IBP Beacon 2020/01/17

SFI=72 SSN=0 Kp=1 Solar Wind=320km/s Spotless Days Cu…

ついに悲願の1.9/3.5MHz帯のバンド拡大・追加割当へ!!~ アマチュア無線の利用者の利便性の向上とJARL2020年選挙への影響について

ついに念願の、 <無資格者の利用機会拡大、1.9/3.5MHz帯のバンド追加割当て、FT8などの申請簡素化…etc…

SDR技術が35周年記念 ~ DL35SDR記念局が出ますよ!!

なにをもってSDRと為すのかは知らんが、 Germany Special Event Recognizes Ann…

ページ上部へ戻る