プロフィールや免責事項など

書き手
JF2IWL/ND1R
Dai Nagakura

免責事項
このブログに書かれていることを真に受けたりマネしたり実行したりしたことに依つて生じたいかなる責任も負いかねますのでその旨ご諒解ください。

Disclaimer
Please note I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through my description .

プライバシーポリシー

© JF2IWL All rights reserved.

歴史史上、もっとも美しいキーは何か?についての考察( 第3回A1CLUB STRAIGHT KEY )

 

今ちょうど、CWOPSクラブのリフレクタでは、「パドル物語」とか、好きなキーは何か?の話題が永遠に続いており、若輩であるところのわたくしはまったくついていけずにおります。

というのも、自身がなまじ金属工学を学んだゆえに金属製品にまったく興味が無いので、カメラとか電鍵とか鉄オタとかトリオの削り出しノブとか、金属マニヤのひとたちの気持ちが理解できないということがあります。  お手入れもクソ面倒だし。

だが美的なもの、芸術、プロダクトデザインとしての電鍵にはいっちょまえに一家言あるのであって、とくにお国柄に興味があります。

 

お国柄というより血筋か。 EUで言うと、たとえばKENTなんていうのは、いかにも19世紀イギリス、ヴィクトリア朝の面影を遺すし、Schurrはあからさまなドイツだ。Begaliはイタリアンモダンすぎる。

好みっていうのはむろん人それぞれで構わないのですが、わたしのマイベストは、

 

 

やっぱCTですよなー。

ウクライナっていうのは芸術の国、エゲレスやドイツ、スエーデンなどのソリッド系とちがって実に柔らかいのです。

ですが、単に丸みを帯びているから柔らかいということでは無いし、このことは電鍵のみならずデザイン全般がそう。 歴史的にそう。

・・・そんなよなことを思いつつ、パドルの片側で参加したA1Clubのストレートキーでした。

食後の少し、5QSOで終えました。 電鍵の名前がなかなか解ってもらえなかったですが、日本のかたの手作りの銘品です。

↑ブログトップページへ戻る

関連記事

ブルース・リーが帰って来たドラゴン!! ~ 香港デモと凶兆の虹と ~ 香港のVR2B/Bビーコンが約1年ぶりに復活しました

先週、このブログでVR2B/Bビーコンとアグネスさんのことをウワサしていたら、 https:/…

VP6Rでケガ人

だから160mバンドの巨大タワーなんか上げてちゃダメだと思うんですけど、 Pitcairn Island VP6R…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/23

50WPM 138QSO/30min. = 276QSO/h Total QSO = 42,931 …

IBP Beacon 2019/10/22

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=1 Solar Wind=340km/s Spotless Day…

ほんとうにカメレオンになってしまったカメレオンEmComm III BASE EFHWアンテナとその特性について ~ 2019年・秋のダンシャリ&アンテナ祭り第4弾

イギリスはテムズで河川を学んだかたがデビューのときに、 あのなー。…

第47回SEANETコンベンションがインドネシアで開催

インドネシア連盟からのお知らせです。 SEANET Convention 2019・・・ORARI Pert…

Morse Runner DXCC Challenge 80mb 2019/10/22

50WPM 132QSO/30min. = 264QSO/h Total QSO = 42,793 …

IBP Beacon 2019/10/21

SFI=64 SSN=0 Ap=7 Kp=2 Solar Wind=360km/s Spotless Day…

非常通信用に、IC-705用の50ワットリニアアンプは実現するのか? ~ インドネシアのSDRに学ぶ、東京ハイパワーのHL-50B後継、新スプリアス規格リニアアンプへのアツイ期待について

つねに問題的な東海ハムの祭典もつつがなく終わったようですが、他方、つねに動向が注目されるインドネシアのYD1OSCより新…

PACTORのSCS社がモニタリングソフトウェアを公開

これ、和訳させてもぜんぜん意味がわからんのですが、 PACTOR Developer SCS Announces …

ページ上部へ戻る