Author : JF2IWL / ND1R

このブログにご来店ありがとうございます。ただしクダラナイことしか書いてないのでよろしくお願いします。

Articles are written in Japanese, see my profile on my page. 73

免責事項

JF2IWL/ND1R Dai Nagakura PhD.

Counter

© JF2IWL All rights reserved.

2019年 JAG WARCバンドQSOパーティに見る、新バンド獲得の期待について

1979年にジュネーブでWARC-79が開催されて今年でちょうど40年になります。 で、昨日今日とJAGのWARC…

モールスランナーでDXCC子供ちゃれんじ!! 10MHzの結果

夏の「できた!」を応援。成長にぴったりの遊びを、しまじろうとともに学ぶモールスランナーで夏のDXCC子供チャレンジ、 …

ヤエスがFTDX-101シリーズの新ファームウェアを公開における、FT8ジェネレータの希望について

当時わたしは大気中の窒素だったのでよく知りませんが、昭和30年代前半、「これからはSSBの時代だ!」ってんで、当時最新モ…

またまたまたまたRedPitayaを物欲してしまひました ~ 夏のきちがひ物欲祭り 第1弾

あちら方面ではサマー・マッドネス・セールが盛んなようで、メルマガでいろいろ届くんですけど、触発されてしまつて、まーたして…

尻切れトンボになりがちなFT8でのQSOを、完全確実に73をもらう方法

FT8モードがポピュラーになって久しいですが、街の声を伺いますと、潰されて自分への73が見えない!の魂の叫びが多数聞かれ…

IBPビーコンを用いて、来たるべき第二次関東大震災、および東南海・南海地震を予知する方法

山形、千葉、伊豆と、短期間に相次いで強い地震が発生しました。 日本海溝三重点から伸びたラインは房総沖~相模トラフ~…

夏だ!プールだ!ビールが美味い! ARRL フィールドデー にFT8で参戦しました

ヨーロッパの夏は短い。 なので夏至祭というお祭りがあって、とくに日光の弱弱な北ヨーロッパでは屋外に出て紫外線に当り…

太陽活動とEスポの発生、および刃物男の出現確率との関係についての考察

どうもちかごろ町の声を伺いますと夏至なのにEスポが出ないとかなんとかお嘆きの声が。 そりゃいくらEスポつったって太…

党首討論で考える ~ JARL本能寺の変と年金が2000万円足らない問題と週刊女性自身の真実について

まーだやってたのか。 <今回のポイントと“決算否決、理事2名解任”の場合のシミュレーション>JARL「第8回定時社…

飛びます!飛びます! IBPビーコン ~ View propagation of Beaconsサイトを作りました

東北大震災の前日に坂上二郎が亡くなってから早いものでもう8年になります。 そこで、国際ビーコン(IBP/NCDXF…

ぜんぜん訴求力のない ARRLの“What is Amateur Radio?” ビデオと居合道の魅力について

マイナーな趣味の魅力を伝えるのに、たとえば居合道なんていうのは、 心の練磨をし、集中力を高め、日常生活の如何なる場…

記念すべき第60回オールアジアコンテストのスキマ講評と今後のなりゆきについて

昭和35年に第1回オールアジアコンテストが始まって、今年、お目出度い60回目を迎えました。 で、 <JA局の…

トランプのアメリカと銃乱射追悼パレードと ~ Susquehanna カウンティでアンテナ倒壊事故 ~ ひとりが亡くなる

だからもうシロウトアンテナ工事は止めろって言ったのに。 だが、Susquehanna ? サス…

「ふるさと」見つけてみませんか? ~ さびれてしまったオールJA8コンテストの賑わいを簡単に取り戻す方法

オールJA8コンテストが24時間の、全国一の大規模ロカコンであるためにガックリ寂れてしまったという印象を強く受けるのであ…

いよいよテンパイしてきたアメリカの非常通信とアマチュア無線の動向について

さきにARRLでは、 Emergency Messaging Demonstration for Red Cros…

フィンテックの時代に ~ 仮想アマチュア無線・HamSphereがなんかものすごくなってる件について

ちかごろサンケイ新聞では遅まきながらフィンテック特集連載なんていうのやってて、また、ペイペイとかオリガミペイとかの営業が…

Eスポを待ち望むひとたちに ~ 自分のアタマの上にかんたんにEスポを発生させる方法(その2)

わたしたちよい子の岐阜県のしょうがくせいさんたちは、「みの・ひだの民話」というので次のような話を聞かされます。 雨…

CWOps Mini-CWT 2019年シーズンのこれまでの結果と反省、および来シーズンへの展望について

時候の挨拶が、「今年も、もう暮れですなー」、「雪はいやだねえ」の言葉が飛び交う今日この頃、わたくしも今シーズンのCWOp…

モールスランナーをシングルコールモードでやってみる

このところモールスランナー、毎回、最大出現数=4で、30分で、だいたい120局(240Q/h)は超えるようになってきて、…

WRC-2019に向けた IARU Region 1における、50メガ解放祭りのウラに潜むワナについて

おりしもEスポシーズンということもあり、Reg.1から遠い極東のJAでも「日本の総務省も応援してる!」などスッカリ安心して浮か…

ページ上部へ戻る